9/4

パラリンピック水泳バタフライ100m男子決勝、木村敬一選手が金メダル獲得、富田宇宙選手が銀メダル獲得した。木村選手が表彰台で君が代の国歌を聴いて号泣している姿を見て貰い泣きをした。木村選手の表彰式後のインタビューで「国歌は金メダリストの特権。僕らはそうでないと(国歌を聴くことでないと)実感できないと思う」というコメントを聴き更に涙を流した。
渡辺京二の「逝きし世の面影」読了する。
著者は自分の生きた昭和史を知りたいと調べ始めたことをきっかけに、昭和を知るには大正明治を、大正明治を知るには幕末をと対象が遡っていき、その幕末と明治期に訪日して客観的に日本を観察した外国人の滞在記録を主軸に大多数引っ張り出して多角的に考察し、人物、風景、宗教、動植物などかつてあった時代の空気感、実態感、存在感が読み進む側の頭に浮かぶような臨場感をもって事細かく書かれたたいへん重要な名著だった。
いくつも印象的な文章があったが、その中で明治時代の当時の日本の知識人たちがことごとく、前時代の諸々を遅れたもの、恥ずべきもの、疎ましいものとして訪日した外国人に言葉少な気に馬鹿にした口調で語ったという多くの証言が記されていることだ。
訪日外国人の中には、明治維新後、自分たちの近代化された西洋の文化がどっと流入されることで、海に囲まれた小さな日本の中で豊穣に育った愛すべき風景や人物が駆逐され居なくなると危惧しているものもいる。
それはそうであっただろうと信憑性がある。それはのちの太平洋戦争後にも左翼系の知識人たちがこぞって全く同じような言動をみせていたからだ。
モースやハーンが心から愛した光に満ち溢れた国はどこへ行ってしまったのだろう。
庶民のちびた下駄まであらゆるものを収集したモースからしたら、捨てるところは何もなかったはずなのに‥。

私は昭和56年愛知県宝飯郡いまの豊川市に生まれた。
一緒に住んでいた父方の祖父祖母の離れの家の長押の上には、昭和天皇陛下と皇后陛下の御真影が平成もずっと掲げられていた。額の中の人物が誰なのか誰からも説明してくれないし、自分からも聞いてはいけないように感じていた。
母方のお爺さんは瑞鶴に乗っていた海兵で立派な人だったらしい。
それと学校では年に一回、広島長崎の戦争体験を教師から聞いていた。
私の幼少期で見聞きした戦争の残像はそのくらいしかない。
地元では、豊川海軍工廠の戦争記録を展示した資料館を近年開館して見に行ったが、それも戦後80年経ってようやく開館した。
その後中学高校と大人になっていく中で、世の中に国旗掲揚をしなかったり、国旗に向かって起立をしなかったり、国歌を歌わなかったりするよくわからない大人がいるなあと思った。芸術方面を目指すようになり、東京へ出て映画やアート作品に触れると大多数が革新的なリベラルであるということがわかる。街を歩けば、街宣車から大音量で演歌や軍歌を流す右翼団体もよく分からなかった。しかし肌感覚として国を愛することは前時代的で恥ずかしいというような空気感が世間に横たわっていた気がする。鳥肌実がまさにそうで、お笑い、コメディとして愛国はあった。
国旗、国歌を否定したり何故そこまで自分の国を卑下するのか私にはいつ迄もわからなかった。予備校の昼休みに新宿御苑で1人弁当を食べているときに、1人のおじさんが話しかけてきたのでおしゃべりした。この近くに市ヶ谷の防衛省があってそこで昔、三島由紀夫が割腹自殺したと話した。なんで?と訊くとわからないといった。わたしには三島由紀夫もわからなかった。
時は何年も流れて2年前にあいちトリエンナーレで表現の不自由展というのがあり、散々世間を騒がしていたが、あれもわからなかった。何故そこまで国や誰かを燃やしたり踏みつけたり何かを主張するために表現という姑息な手段を取るのだろうか。
そしてあれは確か天皇皇后両陛下の即位式が行われる少しまえだったと思うが、NHKで三島由紀夫が何故割腹自殺に至ったのかの特集番組をやっていて見た。
三島由紀夫は生前右派からも左派からもマスコミからも軍人コスプレをする痛い愛国者として失笑されていたようだ。だが彼が守ろうとしていたものは単に、国や人の肉体だけではなく、精神や精神世界、文学、文化芸術、など高度経済成長の中で失われていくと思われたそれらを護ろうとしていたということがわかる。わたしはその時、三島由紀夫が何をしたかったのかがやっと氷解した。
わたしは、ちょっとした言説で途端に左翼とか右翼に括る昨今の風潮がとても苦手だ。自分はどちらかはっきりしていない。ただし、私が最も大切にする部分が何なのかははっきりしている。それは目に見えざるもの。八百万の神、精霊、霊獣、妖怪の類い。そして感と勘。小泉八雲や柳田國男、水木しげるが愛した世界。あえてそれを自分で括ってしまえば親霊保守になるかもしれない。
この先も自分の生まれた国を卑下し続けて、何がそこに残るのだろうか。
そのことを私みたいなものが思い悩んでもしょうがないし、勝手に結びつける必要もないのだが、ただあの木村選手が流した涙に救われる思いがした。

# by koyamamasayoshi | 2021-09-04 22:15 | 日記

9/3

9/3_a0232906_20214059.png
昨夜、夜勤の施設清掃で作業をしていたら小さなアマガエルが玄関から侵入していたようでフロアーの上をぴょんぴょん跳ねていた。潰さないように掌で包んで玄関から逃そうとするも、頭をぐいぐいと掌の隙間を押し拡げて飛び出した。その小さな生き物の蠢きが掌の内側で感じて、健気で愛しい。また捕まえて玄関から出そうとした時もっと大きなカエルがガラス扉に張り付いていた。小さい方を逃して、大きい方を観察した。種類はアマガエルのようだがとても大きい。見たことはないけどモリアオガエルかもしれないと思った。家に帰って調べたらおそらくシュレーゲルアオガエルだということがわかった。深夜の山の施設の灯りに集まる虫を食べに来ていたのかもしれない。昼間、2回目のワクチン接種をした。熱が出そうな予兆があり、帰ってすぐ寝た。少しだけ熱が出た。
(もう少し調べてみたらやっぱりあれはモリアオガエルだった。)

# by koyamamasayoshi | 2021-09-03 20:36 | 日記

9/2

9/2_a0232906_17514092.png
腹筋の運動を再開した。体重が通常より3kg重いので緩やかに減量を頑張ろう。
山田五郎の西洋絵画を解説する動画配信が面白い。昨日ハンス・ホルバインの「大使たち」の絵の解説動画を見た。タイトルは知らなかったがドクロが暗喩として描かれたとても有名な絵画だ。ドクロが描かれる意味としてはメメントモリという死生観がある。メメントモリ、日本語では言えば、「死を想え」「死を忘れるな」になる。
山田五郎はそこでメメント・モリと発音していた。そうやって区切るのが正しいのだろうけど、私はメメン・トモリと染み付いていたので、なんだか違和感を感じ視聴した。
メメント・モリで区切られると日系ブラジル人の名前に聴こえてくるから、ちらちらとグレーの口髭をして日に焼けた誰だか知らないブラジルのオジさんの顔が頭に浮かんだ。

# by koyamamasayoshi | 2021-09-02 18:04 | 日記

9/1

9/1_a0232906_20070726.png
夕方、妻のコロナワクチン接種2回目について行く。本を読んで待った。渡辺京二「逝きし世の面影」を長いこと掛かって読んできたけど、もうじき終わる。夜に雨降る。肌寒くなってきた。

# by koyamamasayoshi | 2021-09-01 20:16 | 日記

8/31

8/31_a0232906_20502846.png

1日中天気が悪くて頭が重く怠かった。夕方に川原を少しだけ散歩した。橋の近くの横断歩道を、白犬を乗せた乳母車を押すお婆さんが早歩きで渡った。白犬の顔と尻尾が嬉々として見えた。桜並木の川沿いの道を上流に歩き、最近まで護岸工事をやって整備された川の中に鴨が2羽寄り添っていた。川面に垂れ下がる草に首を伸ばして啄み下に引っ張り食んでいる。葉っぱを食べるのか、それとも葉についた虫を食べるのか2羽は交互に草をぐいぐい引っ張っては食んでいた。昨夜、小豆島の懐かしい人から電話があった。コロナが終息したらゆっくり会いに行きたい。

8/31_a0232906_20505153.png

# by koyamamasayoshi | 2021-08-31 20:51 | 日記


小山真徳 展覧会情報


by Koyama Shintoku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
展覧会
日記

最新の記事

9/29
at 2021-09-29 20:47
9/27
at 2021-09-27 23:48
9/26
at 2021-09-26 16:38
9/25
at 2021-09-25 15:22
9/24
at 2021-09-24 22:28

以前の記事

2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2020年 07月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 07月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 10月
2011年 08月

その他のジャンル

画像一覧