おっ母と美術 2016/10/20-21

早朝出掛け、東京駅でのぞみ5号に乗る。8時6分、名古屋駅ホームで待っていた母親が見えた。
倉敷の大原美術館有隣荘で妻が作品展示しているものを、親子二人で観に行く旅。


9月に漆塗り作業で実家に帰省した時、米粒程の親孝行であるが旅行に誘ってみた。
その時は、気楽な格好で行くと言っていたのに、ネックレスを巻きブーツを履き、お洒落な格好をして乗車してきた。
隣の席に座らせ、持っていた荷物を棚の上に載せようと受け取るとやたらと重たい。一泊の旅とは思えない大きさの手荷物だ。何を持ってきたのか訊くと、ドライヤー、タオル、寝間着、シャンプー等々。いやいや、そんなん旅館にあるって。
…まあいいや。
しかし、それだけではその重さに見合わないので荷物の中身を見ると、お茶の500mlペットボトル2本、缶ビール2本、小倉とホイップを挟んだ菓子パン4個、柿の種、カロリーメイト、そして助六(!?)2人前が入っている。おい助六って、法事じゃないんだから。

俺の頭の中では、昼飯は妻から聞いた倉敷のお店へ行く予定だったので、事前に言っておけば良かったと後悔した。
そういえば数年前大学卒業式前日に、東京にやって来たおっ母は、ぼた餅と、おいなりを持ってやって来たので、上野公園で二人で食べた記憶が甦った。
倉敷で公園でも探して食べるんか?と訊くと、笑って「倉敷がどんな所かわからんかったで」と自分の田舎以上のド田舎を想像していたらしく、買う所に困ると考えていたようだ。じゃあそんな田舎に行くのに何で履きづらい靴?と矛盾を思ったがそれは言わなかった。

旅先でこんなの食べた、美味かった不味かった、そういう要素も旅の彩りだよ、と説得しても、そういう旅をしたことないという。朝飯は既に食べていて入らないし、とにかくこの助六2個をどうやっつけようか俺はひとり思案していた。生ものだから駅のロッカーに預けるのも厄介だ。
念のため、もう一度バックの中を覗くと、さらに中敷きのように2リットルペットボトルのお茶が入っていた。訊くとお茶の補充らしい。要するに500mlペットボトルのお茶が空いたら注ぎ足す用。
鉄アレイみたいな重さを感じたのはこれが入っていたからだった。


岡山で山陽本線に乗り換え20分で倉敷に着いた。車内で散々言ったせいか、おっ母は持ってきた重い荷物を持ってあげようとすると「ええわね」と突っぱねる。全く、強情な婆さんは可愛げがないね、と言うと観念して荷物を渡してくれた。商店街のアーケードを通り抜け美観地区に行く。

早速、妻の作品が展示している有隣荘に入館する。館内の長押をみると節のない奇麗な檜材、屋根瓦は三釉彩。大原家の客人を泊めた別邸だろうか、周囲の景観に比べて派手だ。妻はここで「密愛村」という絵のシリーズを一同に展示している他、留袖をドレスに仕立てた漆黒の布地に演歌の一節のような言葉を銀糸で刺繍した作品を出している。
おっ母はじっくり時間を掛けて一点一点鑑賞している。文章があればすべて読んでいるようだ。2階の窓から川向こうの神殿のような大原美術館が見える。このペースでいくと大原美術館すべての作品をみる頃には夕方だろうと思った。

大原美術館本館に入る。西洋絵画の巨匠作品が並んでいる。日本で当時まだ名前も知れ渡っていない頃に、数々の巨匠の作品を購入していたらしいが、それはすごいと思った。おっ母と作品を観るペースが違うので、俺は先の展示室内のソファーですこし仮眠した。
もう来る機会ないだろうから観られるものは観たいとおっ母は言ったが、それは現在失いつつある感覚ではないかと思った。例えば昔のひとがお伊勢詣りする時も、一生に一度の感覚だったろうし、普段見ない光景を眼に焼き付けていただろう。現在は、カメラやスマホで撮り、何時でも見返すことが出来る。それにそこへ行かなくても誰かの写真画像、動画で行った気になれるし、googleのストリートビューだってある。もはやそこに、冥土の土産にみるという感覚は皆無だろう。訊かなかったがおっ母はカメラを持って来ていないだろうし、ケータイで写真を撮ることもしないだろう。意味がないのだろう。

明らかに履き慣れない靴だったらしく、疲れたように俺が休んでいたソファーの隣に座った。履きやすい靴で来るって言ってたじゃん、というと「かっこつけたんだろうね」と後悔している。

エル・グレコの受胎告知が大原美術館の目玉のようで、気品ある作品の前に気品のない二人が眺める。こっちがマリア様でこっちはだれだ?、というのでキャプションを見て俺が、天使ガブリエルと言うと、ああガブリエルかと呟いた。知らないでしょ?と聞くが、聞いたことあると譲らない。

本館一階には、サム・フランシス、ロスコなどの抽象絵画が並んであり、おっ母は俺に、どうゆう見方をすればよいのかストレートに訊いてきた。俺は別に好きな作品でもないし、いいとも思わないけど、これは好き嫌いだよと言ってしまったら、それまでなので、自分なりに丁寧に説明してみた。

例えば、今、目の前にある何が描いてあるのか分からない抽象的な絵の模様が、普段使うお茶碗や、お皿に描いてあったら奇麗だなと思うとおもう。しかしそれが平板の板や、四角い布に描かれている情況に、これが何の存在かわからないというのは、この世のモノを利便性や機能性でしか観ていないということの表れだと思う。美しいと感じる心は利便性、機能性以外のところにも存在している。それは四季の移ろいに感動するなど、生活の損得以外の中にあると思うよ。
自分自身に言い聞かせるように、丁寧に説明すると、何となく理解したような顔をした。

本館を出る頃に、昼時になったので、課外授業の小学生が整列して待機している美術館中庭のベンチで二人して助六を食べた。助六を食べ終わると、持ってきた菓子パンを食べるようにすすめてきた。なんで持ってきた物をやっつけることがメインになってるんだ。「いーよ、持って帰んなよ」というと、やけくそなのか、おっ母は1個食べ出した。もはや面白いと俺は感じていた。


工芸・東洋館に入る。陶磁器の作品、棟方志功の版画、仏像等々が展示されている。おっ母は、歴史に興味が深いのでこれまで以上にじっくり鑑賞している。関心があるといっても田舎者の雑さで、作品に触ろうとしたり、もらったパンフレットを筒状に丸めて、つんつん触れようとする。その都度叱るが、全然聞いてない。困ったものだ。
俺は、東洋館の2階にあった太占の展示、○○はどうか、○○してはどうか、と神様にご託宣を伺っている骨の展示が興味深かった。
おっ母の鑑賞時間を待つ間、外の中庭のベンチで仮眠した。朝早かったのでとても眠い。

次に日本の近現代絵画が展示されている分館へ行く。庭園内の茶室で雅楽が聴こえていた。分館では、安井曾太郎の「外房風景」が良かった。家に帰って妻に伝えると妻も好きな作品だったらしい。他には、横尾忠則、福田美蘭の作品が好きだった。

この辺りになると相当足が痛いようでおっ母は辛そうだった。外に出て庭園の東屋で休み、ブーツを脱いで、シーシー、息を吸いながら足を揉みほぐしていた。
靴買ってあげようかというと「い”ーい”ーっ!」とイノシシの鳴き声のような猛烈な断り方をする。「いや、買いに行こうや」「い”ーい”ーっ!そんなもんもったいない!」と頑として譲らない。
「じゃあ、いいわ。せめて溜め息つかないで。痛くて辛いだろうけど、その溜め息はやめてほしいわ」というと笑いながら、分かったよと言った。

おっ母は、工芸・東洋館が気に入ったらしくもう一度観てくると言って入って行った。俺はまた中庭のベンチで仮眠した。
その後アイビースクエア内の児島虎次郎記念館とオリエント館を観て、予約した旅館に向かった。
途中、全品1000円の雑貨店でデッキシューズを見つけた。おっ母に1000円の靴あるよと教えると「い”ーっ!いらん!」と他の観光客が居るのにおかしなボリュームの声を張り上げる。


旅館にチェックインして部屋で休む。座布団を枕に寝ようとすると隣の建物から建設作業音が頭を響く。ズガガガガ、ズガガガガズガガガガ、ズガガガ、ズガガガ、ガガガガガガガガガガ…。
なんじゃい!ここは!疲れてんのに休めんのか!
仕方なく、宿のつっかけを借りておっ母と散歩した。隣の作業員が居たので愚痴を言うとすみません5時には終わりますのでという。まあしゃあない。
さっきの1000円雑貨屋に入り、おっ母にさっきのズックをすすめた。かっこ悪いだの、買って帰っても履かんだの大声で、そして乱雑に試着している。どうにもひどい客だ。結局買わずに、美観地区や神社をつっかけで散歩した。散策し宿に帰る道、まだ1000円の店が開いているなら買おうかなと母さんが言った。店は開いており、1000円の紺色のデッキシューズをようやく購入した。


宿では食べたことのないような夕食に、田舎者の二人は緊張したがとても満足した。そして久しぶりに蒲団を並べて深夜まで話をした。
翌日は特に行く所もなく、疲れたし、もう帰ろうか、と昼前に倉敷を後にした。
帰りの電車で、まだやっつけていなかった菓子パンを食べながら、次は貧乏旅行をしようと誘った。
# by koyamamasayoshi | 2016-11-08 00:26 | 日記

清澄白河、駒込、谷中、根津 2016/10/19

中央線に乗り神田、山手線乗り換え御徒町で降り、大江戸線乗車、清澄白河で降りる。
地下鉄から地上に出ると清澄寮の建物が見える。そこから東へ数分歩き、友人の展覧会を観に行った。行きしな気になる喫茶店があった。そこの窓に「豊真将改メ立田川」のサイン色紙が飾ってあるのが目につき、帰りに寄った。
入口のドアに鍵がかかっていてガラス越しに店内を覗くと薄着でくつろいでいた淡路恵子のような女将さんがカーディガンを羽織って開けてくれた。店内には文化放送がかかっていた。店のどこかを修理しているらしく店を閉めてたようだ。
豊真将がよく来ていたようで、女将さんはしきりに優しいひとですよと教えてくれた。アイスティーを一杯頼んで店を出た。
インターナショナルスクールが近所にあるらしく地下鉄へ戻る道、ランドセルを背負った赤い髪の女の子が前を駆けて行く。前方の柱の陰に潜んでは、俺のうしろを歩くお友だちを覗き、また駆けて行く。
大江戸線乗車、春日駅で南北線に乗り換え、駒込に降りる。
角に眼鏡屋がある道の先のギャラリースペースで友人が作品を展示している。写真の感光紙に直接着色しているため会期中、微妙に画面が変化するらしい。
ついでに、歩いて数分のところの駒込倉庫という場所を友人に教えてもらい、観に行った。JR駒込駅のガードを潜り抜け、パチンコ屋や総菜屋の並ぶ商店街から路地に入った住宅街の中に異物感として駒込倉庫はあった。倉庫の2階に展示していた作品は、街の微振動を天井に張り巡らせた鉄格子に伝わらせワインワイン展示空間に心地よく反響音を奏でている。とても落ち着く音だ。地下トンネルや下水道、天井裏など隔離された空間から地上の雑踏、社会、世の中のスピード感を傍観しているような心地よさを感じた。
駒込駅に戻り山手線に乗り日暮里で降りる。ゆうやけだんだんを降り総菜屋で唐揚げを買って食べ歩きながら上野方面に歩く。谷中の商店街を抜けた先にストッキング屋?があり、そこの照明看板がいやらしくて良かった。紫と緑のグラデーションの照明だった気がする。
ギャラリースペースマルヒと、アンティークショップEXPOにて自分も作品を出している「藝大×EXPO展」を観に立寄る。学生の作品も並んでいる中、工芸、彫刻科の作品はカタマリとして強いなあと改めて思った。学部の4年間、俺は何をしてたんだろうと、考えても仕方ないことを思った。

帰り道、本屋に寄る。
雑誌の4辺をハンカチで何度も何度も拭きながらブツブツ何か言っているお爺さんがいた。側に寄って聴くと百、千、万、十万、百万……、と数字を数えていた。
# by koyamamasayoshi | 2016-11-07 22:50 | 日記

2016/10/12

2016/10/12_a0232906_2353346.jpg



横浜線で長津田駅、田園都市線に乗り換えあざみ野駅下車。市民ギャラリーあざみ野に「悪い予感のかけらもないさ展」を観に行く。小さなスペースだけど良い作品が並んでいた。
作家の言葉による、作品が生まれる背景などが書かれているリーフレットを読みつつ作品を観ると、その作家個人の等身大から自然と放出される作品は、緩やかに変容しながらも常に力強いなと、当たり前かもしれないけどそんなことを思った。

ブルーラインで横浜駅、京急に乗り換えて黄金町へ。渡辺さんが黄金町での現地滞在制作を経て作品を公開している。
作品まで辿り着く導入が欲しくて、一駅先の南太田駅で降車し、川沿いを歩いて会場へ行く。途中、ゴミ捨て場に写真アルバムが一冊捨ててあった。表紙に「収集日を確認して出して下さい」みたいなことが書かれていた。50mくらい歩いた先でどうにも気になり引き返して開いてみた。中身はおそらく80年代だろうか、若者たちの集合写真が数枚挟まっていた。別に引き返してまで見る物でもなかった。

高架下のメイン案内所みたいなところで観覧パスポートを買って、さっそく渡辺さんの作品を観に行く。俺は今まで、渡辺さんが作品を制作中の姿を見たことがなかったかもしれない。
会場の一角に滞在中の作業場がそのまま展示されていて、その作業机の上に壁付けの棚があり、そこにモニターがある。滞在中の作業姿が映し出されている。作業の中でゴムハンを振り下ろしている場面があり、その後しばらく思考して固まっている。熊のような大男のなべさんであるが、次の手を思考するそのうしろ姿は、妙に美しいと思った。
一角にあるのは、自身の生身から放出された言葉を書き付けたコンクリ板と、それに付随するコンクリ扉で、作者本人の言霊ゆえの比較にならない程の重力をズシリと感じる。それは、突破する膨大なエネルギーの凝縮かもしれない。

路地裏の一軒家で展示している。その真向かいに、もうおよそやっていないだろう木賃宿がある。これを見た時に俺は「天国と地獄」での、山崎努が中毒者にヤクを試すドヤの姿が重なった。
滞在中、この宿の前を通り、常に目の端にありながら制作していたのだろうか。それが直接的に作品に作用したわけではないだろうが、滞在制作において、黄金町という土地に染み込んだものを、けっして離しはしない存在だったのではないかと勝手に想像した。

高架下の道、呑み屋の店先に座ったじいさんが、自身のこめかみの横にグーを持っていき、俺を見ながらグーをパーにしてメッセージを送ってきていた。
# by koyamamasayoshi | 2016-10-13 02:39 | 日記

2016/10/10

先々週、作品の制作中に痔を再発させてから気が沈んでいる。「こころの隙間お埋めします」の喪黒福造の声が頭に何度も再生するほどに、こころにすきま風が吹き抜けている。虫食い穴の枯れ葉のようだ。
ひとは沈んでいる時、何で埋めるのかな。街を歩き電車に揺られながらぼんやりと思った。もっと長く、人生を何で埋めるのかなと。

新宿に着き、ツタヤで十数本映画を借りた。気持ちが弱っている時、誰かの作品、表現におもっくそ向き合いたくなる。

成瀬巳喜男「女の座」「夜ごとの夢」、山中貞雄「河内山宗俊」、谷口千吉「ジャコ万と鉄」、勅使河原宏「砂の女」、清水宏「しいのみ学園」、村野鐵太郎「鬼の詩」、小栗康平「泥の河」、五所平之助「雲がちぎれる時」、川島雄三「愛のお荷物」、野村芳太郎「疑惑」、瀬川昌治「喜劇団体列車」、黒澤明「天国と地獄」、蔵原惟繕「憎いあンちくしょう」などを借りた。大半がDVD化されていないVHSだ。
無意識に監督を縦軸に、役者を横軸にして作品を選ぶ。だいたい縦軸の監督作品で選ぶが、この役者を別の作品で見てみたいなと思うと横軸で選ぶ。三橋達也、藤原釜足、伊藤雄之介、小沢昭一、木村功、三国連太郎、山田五十鈴、木暮実千代、花井蘭子、粟島すみ子、芦川いづみ、津島恵子、北林谷栄等の名前がパッケージ裏に書いてあるとなんだか観たくなる。

「喜劇団体列車」は渥美清主演の喜劇列車シリーズの2作目。1作目の「喜劇急行列車」の内容が、三国連太郎主演の「大いなる驀進」と似ているが、「急行列車」の方が人物描写が丁寧でなかなか良い。というよりも「大いなる驀進」の心理描写には少しついていけないところがある。
「団体列車」は一作目と設定が変わり、助役試験になかなか合格しない愛媛県の国鉄職員を渥美清が演じている。その母親を、「男はつらいよ」と同じでミヤコ蝶々が演じている。助役試験にことごとく落ちてケーブルカーの職員になった元国鉄職員を笠智衆が演じている。
一発で助役試験を合格した生意気な若造職員が、その笠智衆を侮辱する場面で、若造職員に対して激昂する渥美清がカッコいい。同時にポロポロと涙がこぼれ落ちるほどこころを揺さぶられた。

数日前、大河内傳次郎主演の「三万両五十三次」を観た。とにかく大河内傳次郎が好きなんだけど、話の内容に惹き込まれるし、心地いいリズム感の映像でとても良かった。加東大介が盗賊役で出てるんだけどむちゃくちゃカッコいい。
渥美清といい、加東大介といい、首が太くてずんぐり体系で、顔もそんなだけど、カッコいいんだよなあ。
# by koyamamasayoshi | 2016-10-13 02:13 | 日記

モノとモノ

モノとモノ_a0232906_162339.jpg



先週から、東京藝術大学裏、大黒天近くの骨董店「EXPO」で作品を数点並べている。2ヶ月前、オーナーのKさんから、この展示の話をもらった時、直ぐに心の中でやろうと決めていた。

大学在学中、ここの前を毎日のように通っていたが、入店したことはほとんどなく、品物を買ったことは一度もない。
ここのものを買ったら、俺は負けだと思っていた。
そりゃあ、面白いものが在るのは、店の中から漏れ出る雰囲気で十分わかる。しかしそれを受け入れ、認めてしまうことは、物を作る人間が持つ何か大切な部分を捨て去って、代わりに愛想笑いをするような情けなさを手に入れるような気がしたのだ。
ひとの美意識を通り抜けたものを受け入れることは、いつまでたっても俺には何だか抵抗がある。やはり骨董市で並んでるものの中の、一回ゴミ箱に入っているようなものに、「お前良し」の美の烙印を与えてやりたい。

1ヶ月前、Kさんと打ち合わせでお会いした時、口火を切るように「学生の時、EXPOに入らなかったでしょ?」とズバリ、的の中心をズバっと不意に射られた。上に書いたような返答をすると、「そういう人だと思った」と何故か確信めいた笑顔で言われた。

タイトルが「芸大×EXPO展」。×の部分に対決色濃厚と判断し、学生時代の遺恨マッチ(それは、どろどろの恨み合いではなくて、昭和プロレスが持っていたような感覚)だと考え出品させてもらった。後に知ることだが、対決と捉えていたのは俺一人だけだったが。
果たしてあのEXPOのゴチャゴチャの博物館の収蔵庫のような空間に、潜入した俺の作品は、コンセプトを抜きにした、モノとモノの衝突の先にどういう存在であるのだろう。骨董品と混在する展示で、そこが新たな発見をもたらしてくれるかもしれないと期待している。
# by koyamamasayoshi | 2016-10-13 01:41 | 日記


小山真徳 展覧会情報


by Koyama Shintoku

カテゴリ

全体
展覧会
日記

最新の記事

2022/10/19
at 2023-04-15 17:18
背中
at 2022-12-14 21:22
2022/8/1
at 2022-08-01 23:36
2022/7/31
at 2022-07-31 23:35
2022/7/30
at 2022-07-30 23:34

以前の記事

2023年 04月
2022年 12月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2020年 07月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 07月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 10月
2011年 08月

その他のジャンル

画像一覧