遠足12/25

a0232906_21193196.jpg



More
# by koyamamasayoshi | 2017-12-25 20:10 | 日記

SACD

a0232906_01274866.jpg
12/11-13


お世話になっている職人Kさんのお手伝いにKさんの運転する車に同乗して滋賀県へ行く。
13日の昼前に用件を終え、新東名ルートで東京へ帰る。豊田から入って、千両、本宮山、砥鹿、東上、、生まれ知った地名のトンネルを抜けて行く。あそこあたりだと高速道路下に展開する故郷を想像した。
浜松SAで休憩した時に、中古のCD、DVDを販売するワゴンを見つけて帰りの車内でかけるCDを探す。「本命哀歌」「歌姫」「徳間ジャパン 秘宝盤」と題したオムニバスアルバムCDを3枚買う。その他に「渥美清の泣いてたまるか」のDVD を3枚見つけ、そのなかで最も好きな話の「ああ軍歌」が入っているものを一枚買う。
清水PAでも中古CDワゴンを探す。腐ったようなCDしか見つからないが、今度はKさんが買ってくれるということで、自分では買わないようなCDを一枚買って頂く。
「the brilliant green」

夜の闇の中を光が走り去って行く高速道路の退屈で緩慢な風景に絶妙に合う。その前に只只懐かしかった。
初級は「懐かしさ」と、上級は「自分には合わない曲音」とかを道連れにドライブしたら自分の中で何かが開くかな?SAの中古CDに需要があることがわかった。


# by koyamamasayoshi | 2017-12-14 02:41 | 日記

乾いた花

a0232906_01362930.jpg

# by koyamamasayoshi | 2017-12-10 01:36 | 日記

ふたつの死 2

a0232906_18103331.jpg


# by koyamamasayoshi | 2017-12-08 18:10 | 日記

山で見た夢3

a0232906_02060483.jpg





日本のどこかを歩いている。人混みの中、僧侶のような人物と肩がぶつかる。纏っている法衣が今までに見たことがないようなもので、どこかちぐはぐで滑稽に見えるため、いかにも新しく興った宗教の法衣ではないかと思った。
俺はぶつかったことに対して謝るが、全く話し合いにならない。
多く徳を積み高いステージにある私が怪我でもしたらどうするんだといきなり喚き始めた。するとすぐ側の建物から同じ服装の人間がどうしたどうしたとぞろぞろ駆け寄ってくる。
どうやら宗教家の当たり屋に絡まれたようだ。
信心が足りないから人にぶつかりもするんだと彼らの宗教に入信を勧めてきたり、よくわからない何か宗教グッズを買えと脅してくる。
かなり腹が立ち負けずに言い返すうちに、根負けしたようで「神様を信じましょう」と、しょうもない捨て台詞を吐いて彼らは去って行った。
付近の駅の構内に寄ると、独特の格好をしたその宗教の信者であふれていた。俺はその宗教都市を歩いていたようだ。

河原で何やらお祭りをしている。俺は素っ裸になりそのお祭りに紛れ込んだ。どこで手に入れたのか顔がたくさん彫刻されたお面のようなものを自分で自分の股間部分にふんどしのように取り付ける。千手千顔の観音様の千顔のような彫刻だ。そして自分の顔にも一枚のお面を被った。
対岸の川の中には大きな華の造形物があるのが見える。バラ?ラフレシアという華か、とにかく大きな華の造形物で花弁の赤色が水中からでも綺麗に見える。
お祭りの地元民に訊くと、それはオシコミというものらしい。

お祭りが終わり、俺は股間に千顔のふんどしをしたまま、駅の方向へ向かう。するとさっき肩がぶつかった当たり屋の宗教家に遭遇する。
容姿や性格は違うがどうやらこの人物は友人のOさんということが何故かわかる。
というよりも、Oさんの本当の姿がこの宗教家らしい。
Oさんのお招きでその宗教本部の建物(高層ビル)の最上階のOさん部屋へ入る。
そこでもOさんの正体は、威張り腐る鼻持ちならない糞みたいなやつで、俺は腹が立つやらがっかりするやらで、一言二言急所を突くような嫌味を言ってその場を後にした。

そこで目が覚めた。

# by koyamamasayoshi | 2017-12-03 17:39 | 日記

聖性

a0232906_00294306.jpg




昨日山から下り、家に帰ってネットで「世界一のクリスマスツリー」のことでいろいろと書かれていることを読んだ。
今年いろいろ見に行った芸術祭の作品の中でも、見るものに感情を逆撫でするようなものがたくさんあって拳を握ったが、しかしその引いた拳はいつか自分の作品に乗せて何処かへ打ち込めばいい。

ラブアンドピースだとか夢見がちで星がキラキラと瞳に映っているかのような熱を帯びたポジティブ善意厚意は別の角度からすると、笑顔で鈍器をぶん回しているようにも見える。
それは純粋でまっすぐな瞳でやっている分、厄介で始末に負えない上に、知識が足りないことでそれが暴力になっていることに気がつかないのだろうか。

昼前、隣駅の本屋へ行く。欲しかった本がなかったが、「日本史モノ事典」と早川孝太郎の「猪・鹿・狸」を買った。
八王子夢美術館で開催中の銅版画家清原啓子の作品展を見に行く。とてもいい。
同時代性ではない。いつの時代も個人の中で淡々と静かに青白く炎え続けている表現者を俺は見ていたい。



# by koyamamasayoshi | 2017-12-03 17:31 | 日記

写真

a0232906_15585682.jpg



気まぐれに数年前携帯電話で撮影した画像を開いてみた。
なにかの資料に利用するとか目的とか何もかも考えずに写真が撮れると良いなあ。





More
# by koyamamasayoshi | 2017-11-27 15:59 | 日記

破船

a0232906_15492553.jpg
a0232906_15362996.jpg

# by koyamamasayoshi | 2017-11-27 14:26 | 日記

続:山で見た夢

a0232906_15411711.jpg



どこかの施設内にいる。古臭い旅館の中にいるような気がする。
俺は旅芸人一座の座長で、今日この旅館の宴会場で初日の芝居を打つことになっている。
そして15分後に幕が上がる。
宴会場の下には広めのボイラー室があり、そこには大きな大黒柱が通っている。大黒柱の天井付近には神棚が祀られている。
殿山泰司に似た地元の祈祷師がその神棚にむかって、芝居の成功祈願、安全祈願を太鼓をたたいてお祈りをする。それは上演の10分前の合図になっていて客入れのきっかけにもなり、宴会場の空気を暖め、10分後の幕が上がる瞬間まで太鼓は叩き続けることになっていた。
階下から太鼓の音が響き始めた。しかし間もなくだんだんゆっくりとそして音も小さくなっていく。打ち合わせでそういう話をしていなかったので、不審に思い階下のボイラー室へ入る。
入り口手前に、祈祷師と同じ白装束を着たおばあさんが口をぱかーっと開けて魂が抜けた虚ろな目をしている。奥に居る祈祷師は太鼓のばちをかすかに震える手で持ち白い顔をしている。
声を掛けると「腐った。御神酒が一瞬で腐った」という。強烈な酢の匂いが神棚からする。御願いします、と頼んでも「酒が腐った」を惚けた顔で繰り返し、廃人のようになってしまった。不吉な空気に旅館が呑み込まれ支配されているようで、初日の芝居は出来ないかもしれない。

2、3日前。座員全員で芝居の稽古のあと、夕食後、旅館の宴会場で各々雑魚寝に横になりだした。部屋の隅で点いているテレビからは心霊番組が流れている。小刻みにぶるぶると震える案山子のような少年の顔を目撃すると途端に発狂して死んでしまうと言う内容の都市伝説。それを起きている何人かが黙って見ている。

その時からすでに良からぬ空気に支配されていたのかもしれない。上演時間になったが、会場の空気を清浄に戻さないかぎり開けることは出来ない。妻に相談する。妻の母にも電話して相談する。
電話をしながらふと旅館の窓から外を眺めると、高層ビル50階相当の高さの超大型の津波が押し寄せて来ているのが見えた。ああこれは助からん。妻と死ぬ覚悟をして、お義母さんに「いままでありがとう。生まれ変わっても…」と隣にいる妻の言葉を口早に伝え電話をきった。

とにかく逃げる。逃げる。妻と数人の座員と逃げる。
逃げた先で例のぶるぶるに遭遇する。ここの描写はほとんど忘れ抜けている。覚えていることは、中心に向かって円形になった俺たちに、とにかくぶるぶるは話しかけてくるが、目を閉じ何も頭に思い浮かべず無視し続けた。それが一番の対処法だった。耐えられずぶるぶるに反応してしまい発狂し地面をのたうち吐血する者もいた。座員のKさんが囮になり、逃げ延びる。Kさんは死ぬだろうと予感する。

ぶるぶるから逃げる先で独裁者の国へ落延びる。厚遇を受けるが一瞬で冷たくなり、向こうにスペイン行きのロケットがあるからそれに乗って出て行けと独裁者に告げられる。
俺は、ファミコンやエロ本を独裁者にあげてから後から追いつくと妻と座員に告げる。
しかしそこに辿り着く前に俺は死ぬだろうと予感がし、目が覚めた。

頭を水平に輪切りにされて、そこへあんかけを注がれた描写を覚えているが、どの場面と繋がるのかわからない。




# by koyamamasayoshi | 2017-11-27 14:19 | 日記

11/19

a0232906_14552887.jpg



妻に髪を切ってもらった。工作ばさみで切ってもらったので髪を引っぱられ痛かったが、為されるがままに耐える。
1時間半ほどの苦戦の末、出来上がった様子を見た妻が、「十九歳の地図」の蟹江敬三みたいになったと言った。

# by koyamamasayoshi | 2017-11-27 14:19 | 日記


小山真徳 展覧会情報


by Koyama Shintoku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
展覧会
日記

最新の記事

1/10
at 2019-01-10 20:29
12/29
at 2018-12-29 20:40
妻有鷲眼記⑼ 海老と東山
at 2018-10-11 00:40
妻有鷲眼記⑸ 眠る建物
at 2018-10-08 03:59
妻有鷲眼記⑷ 種の記憶
at 2018-10-03 19:12

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 10月
2011年 08月

その他のジャンル

画像一覧