<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2016/10/12

a0232906_2353346.jpg



横浜線で長津田駅、田園都市線に乗り換えあざみ野駅下車。市民ギャラリーあざみ野に「悪い予感のかけらもないさ展」を観に行く。小さなスペースだけど良い作品が並んでいた。
作家の言葉による、作品が生まれる背景などが書かれているリーフレットを読みつつ作品を観ると、その作家個人の等身大から自然と放出される作品は、緩やかに変容しながらも常に力強いなと、当たり前かもしれないけどそんなことを思った。

ブルーラインで横浜駅、京急に乗り換えて黄金町へ。渡辺さんが黄金町での現地滞在制作を経て作品を公開している。
作品まで辿り着く導入が欲しくて、一駅先の南太田駅で降車し、川沿いを歩いて会場へ行く。途中、ゴミ捨て場に写真アルバムが一冊捨ててあった。表紙に「収集日を確認して出して下さい」みたいなことが書かれていた。50mくらい歩いた先でどうにも気になり引き返して開いてみた。中身はおそらく80年代だろうか、若者たちの集合写真が数枚挟まっていた。別に引き返してまで見る物でもなかった。

高架下のメイン案内所みたいなところで観覧パスポートを買って、さっそく渡辺さんの作品を観に行く。俺は今まで、渡辺さんが作品を制作中の姿を見たことがなかったかもしれない。
会場の一角に滞在中の作業場がそのまま展示されていて、その作業机の上に壁付けの棚があり、そこにモニターがある。滞在中の作業姿が映し出されている。作業の中でゴムハンを振り下ろしている場面があり、その後しばらく思考して固まっている。熊のような大男のなべさんであるが、次の手を思考するそのうしろ姿は、妙に美しいと思った。
一角にあるのは、自身の生身から放出された言葉を書き付けたコンクリ板と、それに付随するコンクリ扉で、作者本人の言霊ゆえの比較にならない程の重力をズシリと感じる。それは、突破する膨大なエネルギーの凝縮かもしれない。

路地裏の一軒家で展示している。その真向かいに、もうおよそやっていないだろう木賃宿がある。これを見た時に俺は「天国と地獄」での、山崎努が中毒者にヤクを試すドヤの姿が重なった。
滞在中、この宿の前を通り、常に目の端にありながら制作していたのだろうか。それが直接的に作品に作用したわけではないだろうが、滞在制作において、黄金町という土地に染み込んだものを、けっして離しはしない存在だったのではないかと勝手に想像した。

高架下の道、呑み屋の店先に座ったじいさんが、自身のこめかみの横にグーを持っていき、俺を見ながらグーをパーにしてメッセージを送ってきていた。
by koyamamasayoshi | 2016-10-13 02:39 | 日記

2016/10/10

先々週、作品の制作中に痔を再発させてから気が沈んでいる。「こころの隙間お埋めします」の喪黒福造の声が頭に何度も再生するほどに、こころにすきま風が吹き抜けている。虫食い穴の枯れ葉のようだ。
ひとは沈んでいる時、何で埋めるのかな。街を歩き電車に揺られながらぼんやりと思った。もっと長く、人生を何で埋めるのかなと。

新宿に着き、ツタヤで十数本映画を借りた。気持ちが弱っている時、誰かの作品、表現におもっくそ向き合いたくなる。

成瀬巳喜男「女の座」「夜ごとの夢」、山中貞雄「河内山宗俊」、谷口千吉「ジャコ万と鉄」、勅使河原宏「砂の女」、清水宏「しいのみ学園」、村野鐵太郎「鬼の詩」、小栗康平「泥の河」、五所平之助「雲がちぎれる時」、川島雄三「愛のお荷物」、野村芳太郎「疑惑」、瀬川昌治「喜劇団体列車」、黒澤明「天国と地獄」、蔵原惟繕「憎いあンちくしょう」などを借りた。大半がDVD化されていないVHSだ。
無意識に監督を縦軸に、役者を横軸にして作品を選ぶ。だいたい縦軸の監督作品で選ぶが、この役者を別の作品で見てみたいなと思うと横軸で選ぶ。三橋達也、藤原釜足、伊藤雄之介、小沢昭一、木村功、三国連太郎、山田五十鈴、木暮実千代、花井蘭子、粟島すみ子、芦川いづみ、津島恵子、北林谷栄等の名前がパッケージ裏に書いてあるとなんだか観たくなる。

「喜劇団体列車」は渥美清主演の喜劇列車シリーズの2作目。1作目の「喜劇急行列車」の内容が、三国連太郎主演の「大いなる驀進」と似ているが、「急行列車」の方が人物描写が丁寧でなかなか良い。というよりも「大いなる驀進」の心理描写には少しついていけないところがある。
「団体列車」は一作目と設定が変わり、助役試験になかなか合格しない愛媛県の国鉄職員を渥美清が演じている。その母親を、「男はつらいよ」と同じでミヤコ蝶々が演じている。助役試験にことごとく落ちてケーブルカーの職員になった元国鉄職員を笠智衆が演じている。
一発で助役試験を合格した生意気な若造職員が、その笠智衆を侮辱する場面で、若造職員に対して激昂する渥美清がカッコいい。同時にポロポロと涙がこぼれ落ちるほどこころを揺さぶられた。

数日前、大河内傳次郎主演の「三万両五十三次」を観た。とにかく大河内傳次郎が好きなんだけど、話の内容に惹き込まれるし、心地いいリズム感の映像でとても良かった。加東大介が盗賊役で出てるんだけどむちゃくちゃカッコいい。
渥美清といい、加東大介といい、首が太くてずんぐり体系で、顔もそんなだけど、カッコいいんだよなあ。
by koyamamasayoshi | 2016-10-13 02:13 | 日記

モノとモノ

a0232906_162339.jpg



先週から、東京藝術大学裏、大黒天近くの骨董店「EXPO」で作品を数点並べている。2ヶ月前、オーナーのKさんから、この展示の話をもらった時、直ぐに心の中でやろうと決めていた。

大学在学中、ここの前を毎日のように通っていたが、入店したことはほとんどなく、品物を買ったことは一度もない。
ここのものを買ったら、俺は負けだと思っていた。
そりゃあ、面白いものが在るのは、店の中から漏れ出る雰囲気で十分わかる。しかしそれを受け入れ、認めてしまうことは、物を作る人間が持つ何か大切な部分を捨て去って、代わりに愛想笑いをするような情けなさを手に入れるような気がしたのだ。
ひとの美意識を通り抜けたものを受け入れることは、いつまでたっても俺には何だか抵抗がある。やはり骨董市で並んでるものの中の、一回ゴミ箱に入っているようなものに、「お前良し」の美の烙印を与えてやりたい。

1ヶ月前、Kさんと打ち合わせでお会いした時、口火を切るように「学生の時、EXPOに入らなかったでしょ?」とズバリ、的の中心をズバっと不意に射られた。上に書いたような返答をすると、「そういう人だと思った」と何故か確信めいた笑顔で言われた。

タイトルが「芸大×EXPO展」。×の部分に対決色濃厚と判断し、学生時代の遺恨マッチ(それは、どろどろの恨み合いではなくて、昭和プロレスが持っていたような感覚)だと考え出品させてもらった。後に知ることだが、対決と捉えていたのは俺一人だけだったが。
果たしてあのEXPOのゴチャゴチャの博物館の収蔵庫のような空間に、潜入した俺の作品は、コンセプトを抜きにした、モノとモノの衝突の先にどういう存在であるのだろう。骨董品と混在する展示で、そこが新たな発見をもたらしてくれるかもしれないと期待している。
by koyamamasayoshi | 2016-10-13 01:41 | 日記

藝大×EXPO展

2016.10.8(sat)-23(sun)/休廊日:10.17(mon)/12:00-20:00/入場無料



東京藝術大学の現役学生、卒業生、および教職員など、ジャンルも世代も違う作家、総勢25名がアンティーク雑貨店・EXPOとGallery・MARUHIに会します。
第一会場となるEXPOは、大航海時代にヨーロッパの王侯貴族で流行った珍品収集の博物陳列室である「驚異の部屋=wunderkammer(ヴンダーカンマー)」に見立てられた展示となります。
また、第二会場のギャラリー・マルヒは大正6年建造の古民家です。内蔵を容した元質屋の歴史ある空間のなか、作品は互いに響きあいながら筋書きのない物語を紡いでいきます。


第一会場:EXPO___________________________________

アラノヒトミ/石下雅斗/市川沙也子/市川友章/伊東五津美/岩田駿一/EKKO/大関千里/
小山真徳/坂下彰/志喜屋徹/シャングリラセーコー/寺島孝佳/長谷川雅子/矢野佑貴 ※五十音順

台東区池之端4-26-30 TEL:03-3824-6899
・芸大より徒歩3分 
・東京メトロ千代田線「根津」駅より根津交差点改札方面 徒歩8分


第二会場:Gallery MARUHI______________________________

ウチダリナ/齋藤芽生/佐宗乃梨子/佐野藍/塩見亮介/鈴木貴雄/副島しのぶ/高嶋英男/
田中美穂/増井岳人 ※五十音順

文京区根津2-33-1 TEL:03-5832-9911
・エキスポより徒歩8分
・東京メトロ千代田線「根津」駅より根津交差点改札方面 徒歩8分




私は第一会場のEXPOに作品を出しております。旅館タオルを描いた油絵、旅館の湯上り女性を象った人形、私がかつて泊まった旅館の客室の床の間を象った立体作品、オリジナルタオルを出品しています。
第二会場のGallery MARUHIにて、妻の齋藤芽生がおみくじ作品と立体作品を出しています。
お近くにお越しの際には、是非お立寄り下さい。

[お問合せ] Tel:03-5832-9911 Mail:maruhi@konoike.org



※両会場には駐車場のご用意はございません。

by koyamamasayoshi | 2016-10-07 20:54 | 展覧会


小山真徳 展覧会情報


by Koyama Shintoku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
展覧会
日記

最新の記事

1/27
at 2019-01-27 21:51
1/25
at 2019-01-26 01:51
1/10
at 2019-01-10 20:29
12/29
at 2018-12-29 20:40
妻有鷲眼記⑼ 海老と東山
at 2018-10-11 00:40

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 10月
2011年 08月

その他のジャンル

画像一覧