<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2016/6/20

朝9時新宿ツタヤへ行き、借りていたVHSを返却。
10代後半から20代前半に新宿の美術予備校に通っていた時は、しょっちゅう利用していたが、ツタヤが入っているビルが随分長く改装工事をしているので素通りしていた。先週、絵の額を注文した帰りに寄ってみた。
DVD化されていない昔の邦画のVHSがかなりあり、4 本借りた。
今村昌平監督の「にあんちゃん」「黒い雨」、今井正監督の「仇討」「夜の鼓」。
「にあんちゃん」と「仇討」が良かった。
アナログ放送が終わってから部屋の隅に放置してあったテレビデオを、一晩、現役復活させて鑑賞した。

10時、額屋へ注文していた額を受け取りにゆくが、未だ仕上がっておらず。
数十分待って受け取り新宿三丁目から副都心線で渋谷へ行く。
展覧会の作品搬入前にユーロスペースでやっている森達也監督の「FAKE」を観に行く。
森監督の「FAKE」は心待ちにしていた。
渋谷にはあまり寄らないので土地勘がなく、道玄坂のラブホテル街でしばし彷徨う。
水商売風のお姉さんに道を尋ね、何となくの方向を教えてもらい、どうにか上映5分前に辿り着く。

本当にいいドキュメンタリー映画だと思った。
なぜか見終えた後しばらく手足の指がピリピリしびれた。
心もそうだけど、その肉体的余韻がしばらく続いた。

あの一連の報道があった時に、思っていた事は、嘘ついてた人間より、暴いた人間のほうがよっぽどじゃないかと。
自分が楽になりたいばっかりに創作の裏を暴く行為はプロとは言えないと思った。
まず美術とか芸術なんてものに真実味ってそんなに必要なのか?と思う。
核として中心に真実が2、3%あって、残り90何%が、はったりや創作、妄想、勘違いで覆われているのが、美術、芸術、アートだとおもうんだけど。個人的には。
その後、「共犯者」はバラエティ番組に出たりで、売れに売れていき、何故か何故かの英雄扱い。
おかしい、ほんとおかしい。気持ち悪すぎる。

昨日観た今井正監督の「仇討」クライマックスの仇討ち決闘シーンの寒々とした空気。そこに居合わせた立会人、野次馬全員が仇人に対して「お前が死ねばすべて丸く収まる」と全員が全員同じ筋書きを思い浮かんでいる。それは「お前が大嘘つきであればすべて丸く収まる」という同じ構図として重なってしまう。

騒動前、NHKの「現代のベートーヴェン」のドキュメンタリー番組をリアルタイムで見ていた。
自分の実家近くのビジネスホテルのベッドの上で見ていた。
今日「FAKE」を観てその時とあまり変わらない感動だった。
つまり、彼自身にとても魅力があるし、ないものを創造しようとする姿が美しいと感じるのだ。
それが「嘘だよ」といわれても「そうなんだ」と、俺は思う。
by koyamamasayoshi | 2016-06-21 02:22 | 日記

東京漂泊日記

世の中に2020年の東京オリンピックに向けて、お・も・て・な・し、の気持ち悪い空気が蔓延する中、いつの間にか何かが知らないうちに失われていく気がする。
作業中流れているラジオからは、英語教材のcmで「おもてなしを一時の流行語に終わらせない為に…」とか言ってる始末。おもてなしなんつう言葉を勝手に背負わせないで欲しい。
東京の向かう先がそうなっていくのは国際都市として当然なんだろうけど、俺はやっぱり気持ち悪い。

そんなことも含め、半年前かに、竹橋の近代美術館でやっていた日本観光ポスター展とそこの常設展で大正、昭和期の木版の風景画を観た事で、自分なりに「東京」に向き合って木版画のシリーズを制作しようと思った。

今年の1月下旬に東京で未だ行った事のなかった所をメインに10日ほど、一日にだいたい20kmの道程を、地図を片手に歩いた。

3年前に東北の太平洋側を自転車で縦断している時に、風景には人格や感情のようなものがあるかもしれないと思った。それは見る人の妄想や勘違いなんだろうけど、それが寄り集まることによって風景が形作られていくんだろうなと思った。

そんな主観で東京を歩いた中に、俺が絵にしたいと思った風景は、片思いかもしれないが、「共感する(してくれるかもしれない)風景」だった。
世の中の外周に居る自分と共感する風景は、外周の風景であり、おいてけぼりの風景であり、泡沫の風景なんだと思う。もちろんそれは主観的な感覚なので他人には共感出来ない風景だったりする。

今後どのくらい枚数を増やせるかわからないが、いつか一同に並べて見てみたい。ふらふら徘徊している夢遊病者、あるいはボーっと彷徨う浮遊霊が見ているような風景を見ている気分がするかもしれない。
by koyamamasayoshi | 2016-06-18 16:18 | 日記

Who By Art vol.5

Who By Art vol.5

2016年6月21日(火)~7月3日(日)
西武渋谷店B館8階=美術画廊 電話03(3462)3485<直通>

出展作家
岩岡純子/小山真徳/サエボーグ/Joyeux Ponopono/新保祐希
/菅本智/chiki/萩原亮/Riyo/山本麻璃絵+姫野亜也

[営業時間のご案内]
6・7月は休まず営業いたします。
【月~土】午前10時~午後9時
【日・祝休日】午前10時~午後8時

私は「東京漂泊日記」と題した木版画を4点出展しております。
by koyamamasayoshi | 2016-06-18 16:12 | 展覧会

木曽

a0232906_115792.jpg

木曽は山の中です 誰も来やしません だからあなたが恋しくてあつくなるのです


金曜日、土曜日に現場の職人さん達とで木曽の漆器祭に出掛けた。
行きの道中、頭の中で葛城ユキの「木曽は山の中」のサビの部分が何度も何度も再生していた。

木曽の高速出口を降りてしばらくすると車窓にはぶどう園がいくつも過ぎ去って行った。
その後木曽路へ入り、往く道の左右から山が迫り、狭い谷あいを進むと平沢という漆器職人の集落へ入って行った。
漆器祭の期間中、工房や倉庫、自宅の一部を開放して、様々な漆器が並べられていた。
完成品は美しいなあと思うものの結局、自分が手に入れた物は漆を塗る為に漆を入れて置いたままのお椀のような物だった。
要するにどこかの洋画家が使っていたであろう、絵具がカッチカチにこびり付いたままの木製パレットを買ったようなことだ。
これには同行していた塗師屋さんは「マジか?」「正気か?」という反応だったが、躊躇無く買った。
塩尻の宿に荷物を置いた後、近所のスポーツジムが併設されている銭湯へ行った。
湯上がりに、スイミングプール観覧席という案内書きがあったので行くと、ママさん達が子供の泳いでいるのを眺めていた。髭面男がそこに立って見ているのは危険と判断し直ぐ去る事に。
立ち去り際、スタイルの良いお姉さんとすれ違ったが、これを追っかけて行き、泳ぐ姿を観戦していたら本格的にアウトだったろう。

翌朝は完全な二日酔いで夕方までゾンビみたいな動きしか出来なかった。
土曜日の漆器祭は大変な賑わいだった。
その後、一駅となりの奈良井宿の宿場祭に行った。
旧い宿場町の軒が建ち並ぶとてもいいところだった。
一軒のおみやげ屋の壁に掛けられていた手提げ鞄が遠くからでも分かるぐらいの良いデザインで惹き付けられた。トートバッグの形をしており、袋面に宿場の風景の写真画像がプリントされている。これが三種類ある。中でも、宿場の軒並みと青空のみのトリミング、そして右上に信州塩尻奈良井宿と赤色で印字されているものを買った。
その店で黒い鼻緒の雪駄も買い、履いて来たビーサンと履き替えた。
ちょうどテレビの撮影をしている一隊と出くわし、ギャラリーの中心には和装の美人のお姉さんがいた。どうやら地元の女性アナウンサーのようで、ゾンビ状態の俺にも笑顔を返してくれた。

帰り道、昼食に国道沿いにあるドライブイン「食堂SS」へ行った。木曽にやって来た時に、車内からとても気になっていたドライブインだった。映画トラック野郎に出てきてもおかしくない佇まいをしている。しかしトラック野郎は一作目と二作目しか観ていないので、もしかしたら本当にロケ地として使われているのかもしれない。
昼時ということもあってか、結構席が埋まっていた。壁にはメニューが書かれた紙で埋め尽くされている一角がありその奥が厨房のようで、トイレの前にはゲーム機が一台と、中身は空の景品ボックスが置かれている。店内からは前の国道を疾走する車が眺められる。
未だにゾンビだった俺はラーメン(小)が精一杯だった。とてもシンプルで美味いと思ったし、この店に相応しいと感じた。来店するお客さんも何故かこの店に合っていた。それがたまらなくうれしく思えた。
そして「木曽は山の中」の曲中のカァァ〜ンという音、例えると欽ちゃんの仮装大賞の不合格の時のような音が鳴るのだが、それがとても木曽を表現していると思った。


SS?
SSとはなんのことだ?スペシャルサービス、サービスステーション?
帰り際、店員さんに訊いてみたが、その答えもこの店に相応しいと思った。

先代の経営者の名前が「サトウ ススム」さん。
SS。
by koyamamasayoshi | 2016-06-06 01:21 | 日記


小山真徳 展覧会情報


by Koyama Shintoku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
展覧会
日記

最新の記事

ねずみ色の食堂
at 2019-07-30 17:00
1/27
at 2019-01-27 21:51
1/25
at 2019-01-26 01:51
1/10
at 2019-01-10 20:29
12/29
at 2018-12-29 20:40

以前の記事

2019年 07月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 10月
2011年 08月

その他のジャンル

画像一覧