<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

5/19の夢

2015/05/19
田舎の鉄道に乗り、終点の「大石」だったかそれに近い名の駅で降りる。
それ以前の夢の記憶は辿る事ができない。

俺は何の職種か思い出せないバイトの面接を受けた。
先にバイトをしている幾人かがいる。軽い人間関係を想像し早くも嫌気がした。
帰り道、今後を想像すると陰鬱としやる気がなくなった。
田舎の道の歩く先に、警備員が誰かと揉み合いの喧嘩をしている。
その誰かがこちらに向かって逃げてくる。
わたしの横を通過して行く。
警備員は軽快な踊りを始めた。「マイケルジャクソンおじさん」だとおもった。
無視をして通り過ぎる。
その先からマドンナの格好をした人が駆けてくる。「マイケルジャクソンねえさん」だと思った。
後方でマイケルジャクソンおじさんと一緒に踊っている。
道を進むと草創期の飛行機が2、3機、音も無くふわふわと低空に浮かんでいる。
少し上り坂の歩く先で、偶然学生時代の同級生のIに遭う。この辺が地元のようだ。
立ち話をし、どこかで休もうという話になる。
俺は、目の前のある「竜宮城」のような名の入ったネオン看板を掲げる白いお城風建物があり、そこに入ろうと誘う。
Iは「ここホテルだよ」と言った。焦った顔をすると、近くに健康ランドがあるからそこに行こうとIは言った。
直ぐ側に健康ランド行きのエレベーターがありそこに向かう。
行列が出来ているが何故か並んでいる人らはエレベーターに乗って行かない。
無視してがら空きのエレベーターに乗る。配管や配線やらがむき出しの適当な造りのエレベーターが超高速で降下する。ほとんど落下している気分。体の芯からゾっとした。
到着し健康ランドに入る。風呂上がりに広い建物内を探検した。建物内の詳細は忘れた。
廊下の先を湯上がりのIが歩いてゆくのを見つけて、付いて行く。
Iは先の階段を下りて行く。代わりに浴衣姿の女性が上ってくる。
その女性はなぜか天井の蛍光灯と蛍光灯をはめる金属フレームの1cmくらいの僅かな隙間を通り抜けようとしている。きもち悪っ、と見ていると女は挟まってもがいている。なぜか腰の辺りまで通過していて、目をひんむき口はへの字の苦悶の顔。
案の定蛍光灯は割れ、金属フレームも天井から落下した。
女も落下しへたり込んでいる。
私は破壊された蛍光灯の金属フレームを直そうと拾い上げた。
構造が分からずにいると、頭巾をかぶったおじさんに声を掛けられた。「構造がわからない」と伝えるとおじさんは頭巾を頭から外しながら、えびす顔になった。頭が引っ掛ける構造の金具になっている。額から上がネズミ色になって光っている。「蛍光灯金具おじさん」だと思った。
蛍光灯金具おじさんの教えのもと、修復作業をしようとするが、横文字の専門用語を多用するのでちっとも分からない。まごまごしていると、えびす顔が人を見下す冷笑に変わり頬を引きつらせ、口から嘲りの息をふっと漏らした。そこで目覚めた。
a0232906_23565146.jpg

by koyamamasayoshi | 2015-05-20 23:38 | 日記

5月5日

a0232906_0531193.jpg

2015年5月5日 
昼、ファミレスのテーブルに置いてあった新聞で首相官邸へドローンを飛来侵入させた事件の記事を読んだ。気になったのは、容疑者が周囲に反原発のことを以前から語っていないし、反原発グループにも参加していなかったことで、かりそめの「反原発」、社会に一矢報いる口実の「反原発」と捜査関係者談と書かれていたこと。
誰かに話さないと、グループにならないと「反原発」にならないのか?
ひとりで思っても「反原発」は「反原発」だろう。大きい小さい関係なく。

法政大学から相原まで歩く。
法政トンネルという、超でかいボールで小高い山の足下を変化球でぶち抜いた跡、みたいな捻りの入ったトンネルを抜けて町田街道へ向かった。
町田街道沿いの団地の一棟を目撃した妻は、「夢でみた光景だ」とゾっとしている。初めて来た場所だという。
「記憶にある光景と光景を繋ぎ合わせた夢の光景が、たまたま今見てる団地に似てるんじゃないの」と冷めたものいいを入れても「夢で見た光景」を言い続ける。
いいやと思って下を見ると光るものが落ちていた。拾い上げるとアルミの石だった。そういう石があるのかどうか詳しくないので知らない、軽くて鉛色に光って石のような形状をしているからアルミの石だと思った。アルミホイルを握って丸めたものではない。自慢して見せると「松本清張みたいだ」と言った。
町田街道を相原方面へ進み、団地側の道に入ると境川というきれいな小川が流れる牧歌的な風景になった。川端の小道がアスファルトではなく肌色の砂で整備されているので足の裏に心地いい。ここはいい。
何人かの子供が小川に入りメダカでも取っているらしかった。車で来て小川の水をペットボトルに汲んでいる人も居た。水の流れる方に沿って歩いた。
野いちご、ないかなと思いながら歩いた。小さい頃田舎の通学路の行き帰りによく食べた。妻は食べた事がないというので、あの感動を味あわせてあげたいと思うがなかなかない。東京にもあるんだろうか。
川縁に小学校低学年くらいの少年が釣り竿を膝において座り、両手の指先に顔を近づけて動かないでいる。歩きながら顔を覗くと「あぁ~もぉぉ」と独り言をいいながら絡まった糸をほぐしていた。

蛇がうねるように川筋が左右に振れ、だんだんと川面との距離が離れて川端の遊歩道は、行き止まりになった。それでも川に近い道を探しながら住宅街を歩き、住宅と住宅の間の空間にみえる川幅を意識した。球体のオブジェが乗った欄干の橋を渡って「川沿いを歩く」をやめた。
by koyamamasayoshi | 2015-05-06 00:58 | 日記

5月4日

a0232906_0372799.jpg

2015年5月4日
西国分寺、武蔵浦和、大宮、高崎、渋川を経由して後閑からバスで湯宿温泉へ行く。
高崎線車窓、吹上駅手前の線路の脇の小さな雑木林に凡そ50羽の白鷺の群れが木々にとまっていた。車窓を流れるその光景に、白い提灯の高張りが沢山掲げられているように見えてハッとした。
高崎駅で上越線に乗り換え。
向いのホームが賑やかで何かとみると「SLみなかみ」と車体に書かれた列車が入っている。こちらの列車が先に出発すると、向こうの車両の先頭に黒光りした厳つい鐵の塊がくっついているのが窓枠から見えてきた。
後閑にむかう列車の車窓を眺めるとこちらに三脚をむける人々がいる。山の中、鉄橋の先とやたらと居るので、何かと考える前に、アさっきのSLか、と答えが出た。
さっきのヤツが煙を噴いて追っかけてくる想像をした。
山中の車窓、畑の真ん中に小さな石仏のようなものがぽつんと置かれていた。
後閑駅で降りバスに乗り換え20分くらいで湯宿温泉に着く。
取材のような、目的のない旅のような、その間くらいの気分で妻とやってきた。
つげ義春の「ゲンセンカン主人」のモデルの地で、「貧困旅行記」にも短い文が載っている。
12時を回っていたので先ず蕎麦屋に入った。道路沿いの窓際の席に座り注文したものを待った。窓のちょっとしたスペースに滑らかな有機的な形をした石が何個か台座の上に置かれている。それを見て「無能な人」を連想した。
妻は一度ここへ来ているということだったので案内をしてもらった。路地の至る所に地籍調査のピンクのリボンがひらひらと風に揺れている。共同浴場は錠でかたく閉ざされており「湯宿を利用されない方の御入浴時間は午後4時から午後9時とさせていただきます」と注意書きが掛かっていた。
連休というのに本当に人がいない。正確には女子旅をしている4人組と宿の女中さん2人にすれ違っただけだった。それと眼の大きなかわいい猫と。共同浴場が利用時間帯になれば少しは…と思うが、そうでもないかもしれない。それでいて閑静でしっとりとした場所でもない。
三国街道という国道沿いにあり、両側を山で挟まれている為、疾走する車やバイクのバリバリした音が絶えず反響している。
温泉街背後の小高い山の急勾配を登ると、平坦な場所に忠霊碑と薬師堂がある。そこから下りながら温泉街を一望した。
ここは通過されゆく場所なのかもしれない。交通や物流が速くなり、観光や旅もゆとりなく忙しくなってここを駆け抜けて行く。
しかし湯宿に泊まり、テレビも点けず、布団に入り天井を眺めていると「とり残された」感の寂寥に浸れるんじゃないかと思った。それはとても、とても魅力的に思える。

湯宿温泉の近くにたくみの里がある。
橋を渡りそこまで歩いた。山道を上り古びた歩道橋を渡ると遠く山々に囲まれた農耕地、宿場道がある高地につながった。地元の工芸家であろう匠の方々の工房兼販売所「たくみの家」がこの広い高地に点在しており、観光客は藁細工、竹細工、ガラス細工など制作体験ができる。
小さい子からお年寄りまでの家族づれで山の高地の田舎とは思えない程賑やか。
たくみの家からたくみの家まで1キロ以上ある農道をレンタサイクルを使ったり、にこやかに歩きながら家族づれが行き交っている。ここまでの観光地だったとは、侮っていた。
群馬の山の上の水田が広がる田舎の地で、地方の芸術祭でなしに、まるで街中で人と行き交うように歩くとは思わなかった。本当にスゴいと思った。
水田が広がる先の近景には姿のいい山がぽっかとあり、水田に映ったりしている。水田からカエルが鳴きはじめている。白い大きな馬が馬車に乗った観光客をポックポック運んでいる。この馬は数年前水上駅で見掛けた馬かもしれない。田舎道を進むと今度は一頭の寂しげなロバが柵の中から、観光客に静かに目線を送っていた。上空をヒバリが羽根をばたつかせてやかましく飛んでいる。田舎だからこそか、一つ一つに目や耳が反応する。夏の夜はいいだろうなと空想した。
by koyamamasayoshi | 2015-05-06 00:43 | 日記

5月3日

a0232906_019293.jpg

2015年4月30日
野村芳太郎監督の「張り込み」を観てから、一度も原作者の小説を読んだことがなかったので、「松本清張の本で好きそうな本持ってないかな?」と妻に訊いた。
本棚から「多分好きだと思う」と二冊出してくれた。
一冊は「或る『小倉日記』伝」、「父系の指」などが収められている短編集でそれから読みはじめた。もう一冊はまだ読んでいない。作中の人物を覆う焦燥感はダイレクトに突刺さり、自分自身の姿を重ねて見ているようで「ああ、これは俺だ」という気分になった。「或る『小倉日記』伝」の主人公が「こんなことをして何になるのか」「ひどく無駄なものに力をそそいでいたのではないか」と孤独の谷間で思い悩む姿は、やはりそこに自分自身を見た気分だった。

2015年5月3日
午後、磯子まで足を伸ばした。磯子駅、根岸駅の中間ほどの所に浜センターという小さな商店街がありそこを覗いた。狭い路地に果物や生花のいい香りが漂っていた。
交差点の案内標識の上に黒い小鳥が二羽とまってヒーヒー鳴いていた。同じリズムを繰り返しているので横断歩道でスピーカーから流れる音声かと勘違いした。
根岸駅に行き、横浜乗り換え白楽駅へ行く。駅降りてすぐに六角橋商店街があり、そこをふらふら歩いた。商店街を下り大きい道が左右に走っており、その道を向こうに渡り何本か路地を歩いた。

ニュースで遊園地のゴンドラが落下した。小豆島で殺人事件が起こっていた。
by koyamamasayoshi | 2015-05-06 00:21 | 日記

4月28日

a0232906_1481021.jpg

新宿に出て「ヴァラドン、ユトリロ展」を観に行く。建物の佇まい、壁のしみや汚れを執拗に捉えようと描いているユトリロの中期の作品が好きだった。その時期を「白の時代」と言うらしい。風景を見る「眼差し」があり、その風景に対する愛情を感じた。しかし後年の作品は正直良くないと思えた。画面に描かれている人物は人形のように「趣味的」に描かれおり、「売り絵」もしくは「おみやげ屋の絵」という印象だった。もちろんおみやげ屋に掛かっている絵もモノによっては好きだが、これは違うと思ったのは「眼差し」を感じられなかったからだ。
母親のヴァラドンの作風は強い輪郭線と、陰影部、反射光があたる部分に青みの色彩を用いるゴーギャンに影響を受けたような作風。
野村芳太郎監督の「張り込み」を観た。ラストの佐賀から東京までの長距離列車が停まる駅名をアナウンスする駅構内ホームのシーンはゾクゾクと震えた。そして「終」の文字でこの映画が終わったあとの、それぞれの人物の人生が想像出来るようだった。それにしてもラスト、若い刑事は犯人に対してなぜ「若いんだからまだやり直せる」などと軽口を吐いたのか。いくつか腑に落ちない場面があった。

「深夜の馬鹿力」、とても好きな放送だった。伊集院さんの独特な旅の話は面白く最後まで聴き入った。
最近ラジオで聴いた曲 
萩本欽一「何処かにお前が」 長万部キャッツ「川原の石川五右衛門」
by koyamamasayoshi | 2015-05-04 01:58 | 日記


小山真徳 展覧会情報


by Koyama Shintoku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
展覧会
日記

最新の記事

1/27
at 2019-01-27 21:51
1/25
at 2019-01-26 01:51
1/10
at 2019-01-10 20:29
12/29
at 2018-12-29 20:40
妻有鷲眼記⑼ 海老と東山
at 2018-10-11 00:40

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 10月
2011年 08月

その他のジャンル

画像一覧