<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

無名橋

a0232906_2153056.jpg

2015年4月18日 
六本木へ「単位展」「蕪村若冲展」を観に行く。
デザインの世界の人のその、万人に伝える才能、そして伝わった時に脳の一部が開く感じはすごいなと思った。デザインの世界にある、「つるんとした仕上がり感」は展示会場周辺のこのミッドタウンにも大いに存在し、ボロボロの革ジャンでフケあたまの俺には居づらいところであるが展示をみる目的で堂々と歩く。
蕪村若冲展はとても勉強に参考になった。しかし一番驚きだったのは、伊藤若冲、与謝蕪村、円山応挙が道路向かい程のご近所さんだったことだ。場所は京都四条河原町。
ミッドタウン施設内のおしゃれ店舗に交じってファーバーカステルの店があるのを見掛けた。
なるほどなあ…と思った。
六本木から新宿まで歩く。
神宮外苑あたりを歩いていると後ろから太鼓の音が聴こえる。
振り返ると白衣(びゃくえ)に、下は黄色のニッカポッカ風、手にはお題目をあげるときの団扇太鼓を持つ中年の男ひとり。どこまで行くのかコンクリート渓谷の遠くを見つめて叩いている。周囲は目の端で捉えているだけで見ぬふりをしている。自分は少し先のベンチで座って待ち、修行者をじっと見た。なにか通じたかった。
神宮球場周辺、本日ヤクルト×横浜DeNA戦があるようで入り待ちの長蛇の列が出来ている。交差点で横浜の助っ人外国人選手が居たが自分には分からなかった。
絵画館に寄ってみる。案内板を見ると施設維持協力金(入場料)500円。だが何回数えても財布には458円で足りない。あきらめて四谷新宿を目指し歩く。
何気なくふっと振り返ると国立競技場が数機のショベルカーによって破壊されていた。バームクーヘンで言うと残りふた口の国立競技場は切なく、目の奥がじわっと熱くなり悲しい気持ちになった。
首都高入口の脇道を行くと「いい場所」に繋がった。高速道路と中央、総武線の線路の上を横断するその脇道(跨線橋)は流れる車と電車を一遍に味わえる場所だった。
西を向くと夕日の影となった新宿の街が見える。その場所の名は「無名橋」。
by koyamamasayoshi | 2015-04-19 02:16 | 日記

逃走

a0232906_156222.jpg

2015年4月17日 
地底(海底)のへどろに半身浸かりながら地上(海上)からわずかに降って落ちる光った粒を拾いジャケットのポケットに集める男の絵を描いた。
「アメリカの友人」、「デッドマン」、「かもめの城」を観た。男の哀しみを描いたヴェンダースの「アメリカの友人」はとてもよかった。「デッドマン」は自分にはいまいちだった。
風雨の中を黒い犬と走る男、頭には風になびく白い布が掛かっていて、男の肩に止まった鳥が布の端を銜えている絵を描いた。
アイデアがわずかに見えてきた。ような、気が、する。
by koyamamasayoshi | 2015-04-19 01:57 | 日記

テーマ

2015年4月15日
沈殿物になっている。とにかく映画ばかりみている。
昨日見た中では、ヴィタリー・カネフスキー監督の「動くな、死ね、甦れ」「ひとりで生きる」はとてもよかった。上辺だけの内容の無いクソみたいなポエトリィな科白を吐く映画なんかが、何故か比較に思い出されて、「そんなことやっとる場合じゃないんだよ!」「好きなら勝手にやっとれ!」と、くだらん男と馬鹿女がどうのこうのの映画にむかって吐きたい気持ちになった。
と同時にこれは、自分にも向いてる刃かもしれないと思うと他人事ではない。
妻と一緒に近所の川沿を歩きながら考え事をしていた。作品のアイデアが深まっていかない事に焦っている。
自分がこの世に生まれた理由というか、この作品を生む為に生まれてきたという原動力を必要としているし考えなければならない。とても簡単に言えば、自分にとって代表作というやつを。
カネフスキー監督が「動くな~」「ひとりで生きる」を産み落したことは彼の生まれてきた理由だと思う。
監督のインタヴューが特典映像で付いていたので見た。夢でアイデアが降りてくるといい、鮮明な内に書き留めると語っていた。そしてそれを天啓として受けとめているようだった。自分も天啓を逃さないようにしたい。しかしそれ以上に自分が生まれた理由のテーマを自分自身で考えなければならない。


2015年4月16日
能動的に作らなければならない作品のテーマとはなんだろうと、考える。
土地土地に基づいたり、受動的なテーマで制作するスタイルと別チャンネルに、内発する能動的テーマに制作するスタイルを併せ持たなければならない。いいかえればライフワーク、人生と引き換えの仕事を探っていかなければならない。それは、やらざる終えないもので、ごまかせなく、常に追い求めるテーマだと思うが。自分にとってそれはなんだろう。さまよう魂、さまよう身体、旅、裏、流れる、仮設、巣、生きざま、死にざま、儚さ、情けなさ、無駄なもの、希望、あきらめ、さびしい男の狂気。ただ書き並べたところで依然漠然としている。

B全紙にこんなところに住みたいと思う家の絵を描いてみた。
by koyamamasayoshi | 2015-04-19 01:43 | 日記

4月11日

a0232906_1581071.jpg

午前中、芸大美術館で開催中の展覧会を見に行く。
芸大美術館とボストン美術館の幕末明治期の所蔵品で構成されている。
由一、義松の以前より関心がある作品を見るなかで、文明開化後の西洋式の建物や議会の様子などを描いた錦絵はどれもつまらないなあと感じた。美術というよりもまず報道であり、色が押し並べていやらしい色で描かれている。
体制に対するこなくそと言う気持ちや粋とかいなせとか色気なんかを文明開化の時に置いてきちゃったのかなと感じながら観て流れると、次の壁に小林清親の版画が出てきて、よかった情緒は失わなかったと、さもタイムトラベルでもしている様に展覧会を観た。

新宿に移動してタイ料理屋で昼食をとった。ビル2階か3階の店舗、窓際自分の席から歩行者専用道路と靖国通りがみえる。
目の前の街路樹に2羽のカラスが嘴を使って小枝を折り取っている。きっと巣作りの為だろう。
欲張りで横着なのか3本くらい一気に銜えて持って行きたいらしい。一本二本銜えたまま次のを取ろうとしているので「それは無理だろう」と思いながらその光景を眺めた。心配した通り全部落っことしていた。思い直したのか一本一本運んでいる。
食事を終えて妻が食べ終えるのを待ちながら、靖国通りに路駐している車をなにげに眺めた。
後部座席のドアが開いていてその車の側に2人の男が立っている。ひとりは車内に居るであろう人物と話しているらしかった。もうひとりは手持ち無沙汰に煙草を吸っている。
その人物の煙草の吸い方が気になり、じっと見ていた。
煙草を親指と人差し指でつまんで持ち、忙しく吸って吐いて、「煙草の火を見る」を繰り返している。その一連の動作が6、7秒でそれをフィルターがちびるまで続けている。火を見るときは手首を返して掌を顔にむける形で煙草の火を見ている。
その姿ははじめ踊っているようで、煙を噴く機械ロボットにもみえて奇妙に映った。
自分は人差し指と中指に挟んで吸うが、あれほど忙しく吸わない。ただ親指と人差し指で吸う人に対して憧れみたいなものがある。人によってはセコい吸い方に見えるが人によっては断然かっこいい。

紀伊国屋書店1FのDVD店に寄って、前から欲しかった今井正監督の「米」を手に入れた。帰って直ぐ観たがとてもよかった。
映像の色は昔の絵はがきのような彩色で今まで観た事が無く、これが総天然色というものかナと新鮮だった。霞ヶ浦に生活する人々を丁寧に捉えていて、風俗文化資料としても大変貴重だと思った。
by koyamamasayoshi | 2015-04-16 01:58 | 日記


小山真徳 展覧会情報


by Koyama Shintoku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
展覧会
日記

最新の記事

1/10
at 2019-01-10 20:29
12/29
at 2018-12-29 20:40
妻有鷲眼記⑼ 海老と東山
at 2018-10-11 00:40
妻有鷲眼記⑸ 眠る建物
at 2018-10-08 03:59
妻有鷲眼記⑷ 種の記憶
at 2018-10-03 19:12

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 10月
2011年 08月

その他のジャンル

画像一覧