カテゴリ:展覧会( 7 )

2018年の方丈記私記

新潟県十日町市、津南町で開催中の、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」に作品を出しております。
越後妻有里山現代美術館[キナーレ]の回廊で催されている「2018年の方丈記私記」という企画展に鷲の格好をした方丈の庵を出展しています。
大地の芸術祭にお越しの際には是非お立ち寄りいただきたいと思います。

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」
2018年7月29日(日)〜9月17日(月・祝)
[所在地]:新潟県十日町市六の一丁目71-2 越後妻有里山現代美術館キナーレ
[開館時間]:9:00〜19:00
[料金]:1500円、芸術祭パスポート(一般当日3500円)提示で会期中何度でも入館可
[電話]:025-761-7767

by koyamamasayoshi | 2018-08-06 17:36 | 展覧会

奥能登国際芸術祭2017

奥能登国際芸術祭2017に作品を出しております。石川県珠洲市三崎町の粟津という集落の海岸に屋外作品を展示しています。
さいはての芸術祭にぜひお越し下さい。


奥能登国際芸術祭2017 Oku-Noto Triennale / SUZU 2017
[会期]      2017年9月3日[日]〜10月22日[日] 50日間
[開催エリア]   石川県珠洲市全域
[公式ウェブ]   oku-noto.jp

by koyamamasayoshi | 2017-09-27 17:42 | 展覧会

藝大×EXPO展

2016.10.8(sat)-23(sun)/休廊日:10.17(mon)/12:00-20:00/入場無料



東京藝術大学の現役学生、卒業生、および教職員など、ジャンルも世代も違う作家、総勢25名がアンティーク雑貨店・EXPOとGallery・MARUHIに会します。
第一会場となるEXPOは、大航海時代にヨーロッパの王侯貴族で流行った珍品収集の博物陳列室である「驚異の部屋=wunderkammer(ヴンダーカンマー)」に見立てられた展示となります。
また、第二会場のギャラリー・マルヒは大正6年建造の古民家です。内蔵を容した元質屋の歴史ある空間のなか、作品は互いに響きあいながら筋書きのない物語を紡いでいきます。


第一会場:EXPO___________________________________

アラノヒトミ/石下雅斗/市川沙也子/市川友章/伊東五津美/岩田駿一/EKKO/大関千里/
小山真徳/坂下彰/志喜屋徹/シャングリラセーコー/寺島孝佳/長谷川雅子/矢野佑貴 ※五十音順

台東区池之端4-26-30 TEL:03-3824-6899
・芸大より徒歩3分 
・東京メトロ千代田線「根津」駅より根津交差点改札方面 徒歩8分


第二会場:Gallery MARUHI______________________________

ウチダリナ/齋藤芽生/佐宗乃梨子/佐野藍/塩見亮介/鈴木貴雄/副島しのぶ/高嶋英男/
田中美穂/増井岳人 ※五十音順

文京区根津2-33-1 TEL:03-5832-9911
・エキスポより徒歩8分
・東京メトロ千代田線「根津」駅より根津交差点改札方面 徒歩8分




私は第一会場のEXPOに作品を出しております。旅館タオルを描いた油絵、旅館の湯上り女性を象った人形、私がかつて泊まった旅館の客室の床の間を象った立体作品、オリジナルタオルを出品しています。
第二会場のGallery MARUHIにて、妻の齋藤芽生がおみくじ作品と立体作品を出しています。
お近くにお越しの際には、是非お立寄り下さい。

[お問合せ] Tel:03-5832-9911 Mail:maruhi@konoike.org



※両会場には駐車場のご用意はございません。

by koyamamasayoshi | 2016-10-07 20:54 | 展覧会

Who By Art vol.5

Who By Art vol.5

2016年6月21日(火)~7月3日(日)
西武渋谷店B館8階=美術画廊 電話03(3462)3485<直通>

出展作家
岩岡純子/小山真徳/サエボーグ/Joyeux Ponopono/新保祐希
/菅本智/chiki/萩原亮/Riyo/山本麻璃絵+姫野亜也

[営業時間のご案内]
6・7月は休まず営業いたします。
【月~土】午前10時~午後9時
【日・祝休日】午前10時~午後8時

私は「東京漂泊日記」と題した木版画を4点出展しております。
by koyamamasayoshi | 2016-06-18 16:12 | 展覧会

中之条ビエンナーレ2015

中之条ビエンナーレ2015  
群馬県吾妻郡中之条町 町内エリア56ヶ所 参加アーティスト数163組

[展示会場]沢渡・暮坂エリア 十二みます
[展示期間]2015年9月12日(土)〜10月12日(月・祝)の31日間 9:30-17:00 会期中無休
[パスポート]当日1000円(前売り800円)/高校生以下鑑賞無料(ガイドブック別売り700円、パスポートケース400円)
[アクセス]中之条ビエンナーレHPをご参照下さい。http://www.nakanojyo-biennale.com
尚、私の展示会場へ行く公共機関はありません。お車、レンタカー、タクシーなどでお越しいただければと思います。展示会場を巡るバスを会期中運行するということなので、ご利用される場合は中之条ビエンナーレHPをご確認下さい。

作品タイトル「逃走の巣」
中之条の鳥追い祭り。追われた鳥はどこに行くのだろう。逃走の先で何をしているだろうか。
幕末では、蘭学者の高野長英が蛮社の獄から逃走し、六合村で身を潜めていたという。
この二つのキーワードが結びつき、私に「追われる者」「マイノリティの魂に宿る青白い炎」というテーマをもたらした。
私は約3ヶ月の滞在制作において「追われた者」の精神を身に纏い、空想の中の彼らの、そして私自身の「潜伏先」を制作した。鳥が小枝や羽根などで巣を作るように、私は消え入りそうな小さな声や言葉を拾い、自身の巣を紡いだ。

初日の12日には限定120部、作品タイトルを刷ったお札の粗品を差し上げたいと思います。
とても便の悪い所ではございますがお越しいただければ幸いです。
a0232906_3333728.jpg

by koyamamasayoshi | 2015-09-11 03:31 | 展覧会

Who By Art

Who By Art vol.4
2015年6月17日(水)ー28(日)

西武渋谷店B館8階 美術画廊 
電話03(3462)3485

会期中無休
【月~土】10:00-21:00
【日・祝日】10:00-20:00

出展作家
小山真徳/佐藤理絵/新保裕希/Chiki/東城信之介/堀康史/宮川ひかる/富岡貴泉/山本麻璃絵

私は旧作を十数点出品致しております。
by koyamamasayoshi | 2015-06-13 21:43 | 展覧会

表現のチカラ 東京藝大セレクション

香川県高松市内の史跡高松城跡玉藻公園内、重要文化財である歴史的建造物「披雲閣」にて、東京芸大修了生、在学生、計10名による作品展を行っております。私は旅先で記録した旅館の床の間を資料に制作した作品を展示しております。

開催日時: 2014年12月5日(金)〜2014年12月14日(日) 10:00〜16:30
場所: 高松城跡玉藻公園内 披雲閣 
鑑賞料無料 ※ただし玉藻公園入園料が必要 大人16才以上 200円、小人6才以上16才未満 100円

玉藻公園アクセスリンク
by koyamamasayoshi | 2014-12-09 17:34 | 展覧会


小山真徳 展覧会情報


by Koyama Shintoku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
展覧会
日記

最新の記事

1/10
at 2019-01-10 20:29
12/29
at 2018-12-29 20:40
妻有鷲眼記⑼ 海老と東山
at 2018-10-11 00:40
妻有鷲眼記⑸ 眠る建物
at 2018-10-08 03:59
妻有鷲眼記⑷ 種の記憶
at 2018-10-03 19:12

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 10月
2011年 08月

その他のジャンル

画像一覧