2022/7/12


元首相が銃殺されて、やはり何か不気味な引鉄が弾かれた。

リベラリストたちは亡くなったことを悼みつつ、神格化させてはいけないと躍起になっている。犯人の山上徹也の犯行動機もあきらかになってきた。

山上徹也の母親が統一教会信者で、教会に財産を注ぎ込んで、家族が無茶苦茶になってしまい、その統一教会とつながりのある安倍元首相を家族をバラバラにさせた張本人として標的にしたということらしい。

もし自分が彼の立場だとしたら、銃を作ることが出来るかわからないが、なんとしても何かしら決行したに違いない。当然、表現としてである。

そして暴力もメッセージであり言葉だと思う。圧倒的な。


わたしは日本の戦後民主主義が棄てたものは、敬う心だと思う。

どこを向いても、神も仏も畏れぬ不遜な態度をとり続けている。

先々、電車に乗り合わせた見知らぬ隣の人間に、いきなり掴みかけられて殺されても不思議ではない世の中がやってくるのではないか。

テレビのコメンテーターが耳障りのいい放言ばかりを一日中垂れ流すワイドショーを見ていれば、真面目な無辜の国民が騙されるのも無理ない。


わたしはこの国を愛したいが、現実ではもう愛せるような国ではないのかもしれない。

しかしそれでも想い続けることが出来るのは、故郷のことである。

頭の中に広がるいつまでも愛おしい故郷。

わたしは戦後民主主義で解体されたもの、もしくは解体されずに済んだものを愛し、

それをいつまでも標準にして大切にしたいと思う。なんとか自分の表現でもって手繰り寄せ、繋ぎ止めておきたい。



by koyamamasayoshi | 2022-07-12 23:22 | 日記


小山真徳 展覧会情報


by Koyama Shintoku

カテゴリ

全体
展覧会
日記

最新の記事

2022/10/19
at 2023-04-15 17:18
背中
at 2022-12-14 21:22
2022/8/1
at 2022-08-01 23:36
2022/7/31
at 2022-07-31 23:35
2022/7/30
at 2022-07-30 23:34

以前の記事

2023年 04月
2022年 12月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2020年 07月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 07月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 10月
2011年 08月

その他のジャンル

画像一覧