牯嶺街少年殺人事件

a0232906_21385451.jpg


恵比寿の写真美術館に映画「牯嶺街少年殺人事件」を観にいく。上映時間4時間の大長編。
パンフレットを先に読んで登場人物などの事前情報を少し理解しておけばよかったが、途中からなんとなくだがわかり始める。
圧迫感の強い重苦しい内容だが、ドロドログチャグチャの陰々滅々ではなく、漂うのは乾いて冷たい気持ちのいい空気感。
高い評価をされる映画に違いなかった。
主人公の少年の眼差しは、中学生特有の大人や社会を見定め怖れるもののない挑発的な眼の鋭さと、諦念感漂う冷めきった虚しく悲しい穴のような眼を同時に持っている。
やじろべえのように不安定な上に立ち、周りの空気に翻弄されふらふらとかろうじてバランスを保ちつつも、狭小で逃げ場のない世界である少年期特有の内包されたエネルギーの圧縮は、握手をするような些細な仕草であっても相手や社会にとてつもない一撃を加える。
その回り道のない思考の直結は、大人や社会に翻弄される中で、自我がマグマのように沸き立ち続ける少年期に絶頂する特殊能力だろう。そしてこの特殊能力だけが、社会をぶち壊し突破し世の中を変える唯一の方法なのかもしれない。

自分の少年期をヒリヒリと思い出しつつ俺には出来なかった、突破していく主人公の少年の姿はひかり輝いて見えた。









by koyamamasayoshi | 2018-01-28 20:09 | 日記


小山真徳 展覧会情報


by Koyama Shintoku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
展覧会
日記

最新の記事

ねずみ色の食堂
at 2019-07-30 17:00
1/27
at 2019-01-27 21:51
1/25
at 2019-01-26 01:51
1/10
at 2019-01-10 20:29
12/29
at 2018-12-29 20:40

以前の記事

2019年 07月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 10月
2011年 08月

その他のジャンル

画像一覧