木製の人魚

a0232906_21041610.jpg


国立の古書店で数冊詩集を買った内の、大手拓次詩集を能登へ行く旅行鞄に入れていた。
波が激しく打ち寄せる小さな港の宿、布団の上で寝っ転がりページをめくってみると「木製の人魚」という詩が載っていた。

その詩はあたかも昨秋、奥能登で制作した人魚の作品を、大正時代の詩人の眼が時空を超えて見ていたようでどきりとした。一時のバグで過去現在未来がこんがらがり視点が接触することだってあるかもしれない。
この詩人のみたものを想像するとそれはやはり波打ち際に漂着し、フナムシの喰い穴とフジツボに蝕まれ、海藻にたわむれ絡まった木製の人魚像が思い浮かぶのだ。


木製の人魚


こゑはとほくをまねき、
しづかにべにの鳩をうなづかせ、
よれよれてのぼる火縄の秋をうつろにする。

こゑはさびしくぬけて、
うつろを見はり、
ながれる身のうへににほいをうつす。

くちびるはあをくもえて、
うみのまくらにねむり、
むらがりしづむ藻草のかげに眼をよせる。





by koyamamasayoshi | 2018-02-12 20:17 | 日記


小山真徳 展覧会情報


by Koyama Shintoku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
展覧会
日記

最新の記事

ねずみ色の食堂
at 2019-07-30 17:00
1/27
at 2019-01-27 21:51
1/25
at 2019-01-26 01:51
1/10
at 2019-01-10 20:29
12/29
at 2018-12-29 20:40

以前の記事

2019年 07月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 10月
2011年 08月

その他のジャンル

画像一覧