9/26

ラピュタ阿佐ヶ谷。女優轟夕起子特集上映、市川崑監督作品「青春怪談」を観にいく。

北原三枝、芦川いづみ、山根寿子、瑳峨三智子、良かったなあ。この時代の女優さんは腰つきが抜群にいい。芦川いづみの日活デビュー作らしく、初々しくとてもかわいい。


東西線で茅場町へ行き、戸塚伸也君の絵を観に行く。ペインター、画家…とは違う、絵描きという言葉がしっくりくる。繊細な10代から20代前半の制作衝動のようなものを持ち続けているように感じるし、まさに少年から青年にかけての自分自身と世の中すべてを映し込むような鏡面の如き真っ赤なあるいは真っピンクなペニスという印象を作品から受ける。

学生の時から彼の絵を見続けてきたが、絵描きが描き続ける姿をこれから先も見続けたい。


茅場町のこのギャラリーはビル建ち並ぶ中の地下にある。エレベーターでしか行けないようで、逃げ場が無い巾着袋のようになっている。

戸塚君の作品とは関係ないところで、この空間、もっといえば無数にあるギャラリースペース、ホワイトキューブ、画廊空間というものの異様さをしみじみ考えていた。他人同士関わりのない都市の一点に絵を見るためだけの四角い空間がある異様さ。4面白い壁、空間の中央には何も無い。時折人がやって来て腰の裏に手をまわし、壁に掛かった絵をみる。2.3週間後に別の人間の絵が掛かっている。

100年先もこの様子は変わらないだろうか。その時も眼球で絵を観ているだろうか。

振り返ると大正の頃の画廊はどんな壁だったか。長谷川利行の絵はどんな壁に掛かっていたか。


帰り八王子で眼鏡屋に入り、傷ついたレンズの交換を頼んだ。


by koyamamasayoshi | 2017-09-27 17:22 | 日記


小山真徳 展覧会情報


by Koyama Shintoku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
展覧会
日記

最新の記事

ねずみ色の食堂
at 2019-07-30 17:00
1/27
at 2019-01-27 21:51
1/25
at 2019-01-26 01:51
1/10
at 2019-01-10 20:29
12/29
at 2018-12-29 20:40

以前の記事

2019年 07月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 10月
2011年 08月

その他のジャンル

画像一覧