4月28日

a0232906_1481021.jpg

新宿に出て「ヴァラドン、ユトリロ展」を観に行く。建物の佇まい、壁のしみや汚れを執拗に捉えようと描いているユトリロの中期の作品が好きだった。その時期を「白の時代」と言うらしい。風景を見る「眼差し」があり、その風景に対する愛情を感じた。しかし後年の作品は正直良くないと思えた。画面に描かれている人物は人形のように「趣味的」に描かれおり、「売り絵」もしくは「おみやげ屋の絵」という印象だった。もちろんおみやげ屋に掛かっている絵もモノによっては好きだが、これは違うと思ったのは「眼差し」を感じられなかったからだ。
母親のヴァラドンの作風は強い輪郭線と、陰影部、反射光があたる部分に青みの色彩を用いるゴーギャンに影響を受けたような作風。
野村芳太郎監督の「張り込み」を観た。ラストの佐賀から東京までの長距離列車が停まる駅名をアナウンスする駅構内ホームのシーンはゾクゾクと震えた。そして「終」の文字でこの映画が終わったあとの、それぞれの人物の人生が想像出来るようだった。それにしてもラスト、若い刑事は犯人に対してなぜ「若いんだからまだやり直せる」などと軽口を吐いたのか。いくつか腑に落ちない場面があった。

「深夜の馬鹿力」、とても好きな放送だった。伊集院さんの独特な旅の話は面白く最後まで聴き入った。
最近ラジオで聴いた曲 
萩本欽一「何処かにお前が」 長万部キャッツ「川原の石川五右衛門」
by koyamamasayoshi | 2015-05-04 01:58 | 日記


小山真徳 展覧会情報


by Koyama Shintoku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
展覧会
日記

最新の記事

ねずみ色の食堂
at 2019-07-30 17:00
1/27
at 2019-01-27 21:51
1/25
at 2019-01-26 01:51
1/10
at 2019-01-10 20:29
12/29
at 2018-12-29 20:40

以前の記事

2019年 07月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 10月
2011年 08月

その他のジャンル

画像一覧